「 白石陽一展 土の現象 」 Stratum 半球・円柱

白石陽一展 土の現象 」(7/30迄)の3日目。

今展で初めて発表する新作。まずは半球、円柱の作品を6点ご紹介します。

地元・瑞浪市の原土を団粒化し、それを型枠の中で積層させて焼き固めています。従来の肌理細かい磁土の作品に比べ、土の原始風景を見るような荒々しいテクスチャーを得ています。

これは何かと問われれば、物体としての存在以外に機能的な意味を持ちませんが、作者の意図は明快です。土をなるべく手を加えず、作為なく作為し、その表情を得る事。これは白石作品に一貫している概念です。

d0087761_17281379.jpg
 Stratum-76 φ28 h15cm 

d0087761_17282060.jpg
 Stratum-75 φ30 h24cm 

d0087761_17282857.jpg
 Stratum-93 φ14 h19cm

d0087761_17283489.jpg
 Stratum-92 φ19 h22cm

d0087761_17284362.jpg
 Stratum-77 φ11 h15cm

d0087761_17285268.jpg
 Stratum-83 φ10 h16cm

d0087761_1729061.jpg
 Stratum-76 φ28 h15cm 


白石陽一展 ~土の現象~
2017年7月22日(土)~30日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
次回在廊日 7月29日(土)・30日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_15525040.jpgd0087761_155376.jpg

 画像クリックで拡大

白石陽一プロフィール
1981年 福岡県生まれ
2010年 多治見市陶磁器意匠研究所 修了
    個展・グループ展などで活動
2017年 現在、岐阜県瑞浪市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-24 18:35 | 白石陽一展

<< 「 白石陽一展 土の現象 」 ... 「 白石陽一展 土の現象 」 2日目 >>