「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」一点もの

目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」は明日7月16日(日)で終了します。

最後にご紹介するのは、個展ならではの一点もの。

目片千恵さんのシグニチャーとなる削り出しの作品。肉厚に吹いたガラスを、グラインダーで丹念に削り、さらにもう一度焼き戻すことで、この柔らかな色彩を生み出します。サンドブラスと違い深く削られたガラスは、内面を通過する光が再び拡散し、仄かに発光するような効果が表れるのです。この光の曖昧さが、目片さんのガラスの色合いを特徴づけています。

d0087761_1341895.jpg
 花瓶 φ12 h 21cm 50000円+税

d0087761_1335872.jpg
 コンポートLL φ19.5 h 20cm 42000円+税

d0087761_134551.jpg
 大鉢 φ20.5 h 14.5cm 20000円+税

d0087761_1341214.jpg
 高台鉢 φ14.5 h 8.5cm 13000円+税


目片千恵 ガラス展 ~水彩色の恋心~
2017年7月8日(土)~16日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0501136.jpgd0087761_0502656.jpg
 画像クリックで拡大

目片千恵プロフィール
1972年 東京に生まれ
2001年 能登島ガラス工房 吹きガラス講座修了
    牧山ガラス工房(石川県)にて製作を始める
2017年 現在、滋賀県大津市にて制作


by sora_hikari | 2017-07-15 18:05 | 目片千恵2017

<< 「目片千恵 ガラス展 水彩色の... 「目片千恵 ガラス展 水彩色の... >>