「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」 開催のお知らせ

d0087761_0501136.jpg
 画像クリックで拡大

7月8日(土)から16日(日)まで開催する「目片千恵 ガラス展 水彩色の恋心」のご案内です。

水彩絵の具を筆洗に浸して、ぱっと水の中に広がる淡い色。そんな瞬間を捉えたガラスのうつわ。ほのかな挿し色が心に留まります。クリアなガラスに微かな色をつけた夏の新作です。

滋賀県大津市の目片千恵さん。ガラスの宙吹きは金沢の工房に通い、仕上げの削り加工をご自宅の工房で行っています。弊店の展示会は2回目。先回は12月に冬のガラスをテーマにしましたが、今展は夏真っ盛りの開催となりました。

目片さんの器の特徴は、淡色ガラスの優しい色合いと、女性らしい流麗なフォルムです。ガラスを宙吹きした後、その形を削り出し、再び電気炉に戻して表面を和らげることで、光を拡散する柔らかな色調が生まれます。硬質なガラスでありながら、優しく曖昧な儚さ。まるで瀟洒な宝飾品を見るような魅惑を引き起こすのです。

今回も定番の削りガラスと共に、クリアガラスに挿し色を施した新作が並びます。夏の食卓に欠かせないコップ、ボウル、プレートなどの食器をはじめ、一輪挿し、蓋物などエレガントな小道具も出品されます。

水彩画のごとく淡き色のガラス。うたかたの夏の思い出。いやこれから芽生える恋心か。どうぞ皆さまの心の中にも、ほのかな色をひと筆、描いてみてください。店主

目片千恵プロフィール
1972年 東京に生まれ
2001年 能登島ガラス工房 吹きガラス講座修了
    牧山ガラス工房(石川県)にて製作を始める
2017年 現在、滋賀県大津市にて制作


目片千恵 ガラス展 ~水彩色の恋心~
2017年7月8日(土)~16日(日) 会期中無休
営業時間11時~18時 
作家在廊日 7月8日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0502656.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-07-04 10:00 | 目片千恵2017

<< 「目片千恵 ガラス展 水彩色の... 「森岡希世子展 轆轤師・現田市... >>