「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」 開催のお知らせ

d0087761_2573024.jpg
 画像クリックで拡大

6月10日(土)から18日(日)まで開催する「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」のお知らせです。

長野県の標高の高い村にある古民家で暮らす五十嵐裕貴さん。弊店2回目となる個展です。五十嵐さんの木の器づくりは通常のセオリーから外れています。

まず材料選び。通常は木材の欠点とされる入り皮、抜け節、割れ、腐食を敢えて取り入れ、見所として活かしています。それは木の成長過程で刻まれた生命の闘いの痕跡。不完全な欠損を美しさとする五十嵐さんの心情です。

次に木工旋盤(木工ろくろ)の加工方法。通常、木工旋盤はテーブルの脚や皿・鉢・椀など回転体の整った形づくりに用いられますが、五十嵐さんの旋盤は、有機的で不定形なシルエットで仕上がっています。動的な線と共に、木の穴、割れを含み、一般的な旋盤技術とは異なる方法です。土のろくろの様な線を出したい。その言葉通り、五十嵐さんの身体的なリズムがそのまま形になるのです。

光のあたる真っ直ぐな美しさとは異なる、退廃的で朽ちゆくものから受ける鋭敏な美意識もあるでしょう。寂寥の中に美の自覚を重ねるのは、まさに日本的な感受性です。

今回も昨年と同様に大きな黒色の木器を代表に、壺・花器・盤、そして実用的な皿・盆・鉢・椀・茶入れをご覧頂けます。どう進化したのか。いやむしろどう退行したのか、五十嵐さんの2年目のお仕事をご覧頂ければ幸いです。店主

五十嵐裕貴プロフィール
1984年 千葉県茂原市生まれ
2008年 東京の職業訓練校にて木工を学ぶ
2009年 岐阜県の家具メーカにて家具を作る
2010年 埼玉県川口市の家具工場にて家具を作る
2010年 埼玉県川口市にて独立
2014年 長野県南牧村に移住し、工房を構える
2017年 現在、同地にて製作


五十嵐裕貴 木工展 ~朽ち黒~
2017年6月10日(土)~18日(日)会期中無休
作家在廊日 6月10日(土)・11日(日)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2574345.jpg
 画像クリックで拡大


by sora_hikari | 2017-06-06 10:00 | 五十嵐裕貴2017

<< 「五十嵐裕貴 木工展 朽ち黒」... 「教草 古布展」ありがとうござ... >>