「太田修嗣展 黒澤映画のような」初源の漆器

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の6日目。

木そのものが感じられる拭き漆の盆や茶托。焼き物作家が原土にこだわるのと同じように、木から手掛ける太田さんならではのお仕事です。木が先か、漆が先か。どちらも一体化した器づくりではあろうけれども、太田さんのお話をお聞きすると、木への強い敬愛を感じます。木そのものが好き。その思いから生れる器なのです。昔の民衆の木の器は、きっと簡易で粗野な姿をしていたのでしょう。その飾らぬ佇まいに心打たれるのです。木の力強さを宿した初源の漆器なのです。

d0087761_143585.jpg
 黒摺輪花盆(売約済)

d0087761_144582.jpg
 拭漆はつり盆

d0087761_1441319.jpg
 拭漆内はつり盆

d0087761_1442053.jpg
 拭漆内はつり尺盆

d0087761_1442664.jpg
 八方刀痕皿

d0087761_1443383.jpg
 黒摺八方刀痕茶托(4.5寸)

d0087761_1443986.jpg
 八方刀痕茶托(2.8寸)

d0087761_1444693.jpg
 角丸小盆


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


by sora_hikari | 2017-05-18 18:06 | 太田修嗣2017

<< 「太田修嗣展 黒澤映画のような... 「太田修嗣展 黒澤映画のような... >>