「太田修嗣展 黒澤映画のような」手ぐり

太田修嗣 展 黒澤映画のような 」(~5/21迄)の5日目。

一木より刳り出した皿鉢(さはち)と平鉢。釿(ちょうな)ではつった痕が、力強い印象を与えます。いずれも一体の足がついており食卓から一段高く鎮座します。皿鉢とは文字通り皿と鉢がひとつになった器を指しますが、もともとは江戸期に作られた一尺を超える深さのある共同器が発祥です。太田さんは、高知県の郷土料理である皿鉢(さわち)料理を盛り付けることをイメージして作っています。堂々とした大きさに、手ぐりの朱色が一層料理を豪勢に見せることでしょう。

d0087761_218549.jpg
 手ぐり根来皿鉢

d0087761_219376.jpg
 手ぐり根来皿鉢

d0087761_2191081.jpg
 手ぐり根来平鉢

d0087761_2191749.jpg
 手ぐり根来小鉢


太田修嗣 展 ~黒澤映画のような~
2017年5月13日(土)~21日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_0315743.jpgd0087761_0321047.jpg
 画像クリックで拡大

太田修嗣プロフィール
1949年  愛媛県松山市生まれ
1981年  鎌倉・呂修庵にて塗師の仕事を始める
1983年  村井養作氏に師事 蒔絵および変り塗りを学ぶ
1987年  神奈川県厚木市にて独立
     ろくろ・指物・刳物 一貫制作による木漆工房を開く
1994年  愛媛県広田村(現・砥部町)に移転
2017年 現在 同地にて制作


by sora_hikari | 2017-05-17 21:21 | 太田修嗣2017

<< 「太田修嗣展 黒澤映画のような... 「太田修嗣展 黒澤映画のような」洗朱 >>