「小嶋亜創 展 下手の美」 絵付

小嶋亜創 展 ~下手の美~ 」(~12/7迄)を開催中です。

今回の器で特徴的なのは、従来に比べ大胆な絵付けが施されていることです。

小嶋さんの一気呵成に引いた伸びやかな線には定評がありますが、今回は普段使っている筆から、より太い筆に持ち替え、南洋の器の持つ大らかな絵柄を表現しています。細い筆より、線をコントロールしづらく、その分、作為的な線から抜け出せる効果があるようです。さらに絵柄を滲ませるように焼くことで、線の強さをぼかし、まるで水彩画のように下地と溶け合わせています。

数多く作り、意図的な思考から解放される。出品数の5倍以上作った中から客観的な視点で選ぶ。その作業から、この絵と釉膚の調和が生み出されているのです。

d0087761_14503829.jpg


d0087761_14505452.jpg


d0087761_1451840.jpg


d0087761_14525167.jpg


d0087761_15512465.jpg



小嶋亜創展 ~下手(げて)の美~
2015年11月28日 (土)~12月7日 (月) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_2545855.jpgd0087761_255681.jpg
  画像クリックで拡大

小嶋亜創プロフィール
1978年 京都で生まれ、長野県上田市で育つ
1997年 百姓を目指し全国の農家に居候しながら旅をする
2000年 独学で作陶を始める
2004年 長野県大町市に移住し半農半陶の生活を営む
2015年 現在、同地にて百姓と陶芸の日々を過ごす


by sora_hikari | 2015-12-02 18:05 | 小嶋亜創2015

<< 「小嶋亜創 展 下手の美」 プライス 「小嶋亜創 展 下手の美」 やちむん >>