安永正臣 やきもの展 @ gallery uchiumi

d0087761_23285273.jpgd0087761_2329520.jpg
d0087761_23291463.jpgd0087761_23292478.jpg
d0087761_2330498.jpgd0087761_23301545.jpg

東麻布のギャラリー・ウチウミさんで開催されている「安永正臣 やきもの展」に行ってきました。安永さんは、三重県伊賀市で制作しています。安永さんは従来より骨董を彷彿とさせる白磁や、焼締めの器を作っていますが、最近は砂型を用いたオブジェや花入れにも力を入れています。今回の個展は、その砂型による作品を主題にしています。まず釉薬の成分となる長石や陶石などを使って基本となる形を造ります。それを砂型に埋めて焼成。その後、研磨をして完成します。所謂、金属の鋳造のような工程を、やきもの原料を用いて行うのがユニークな点です。完成した作品は、地中から発掘された古代ガラスや炻器のような表情をしています。それはローマンガラスの様でもあり、土器の様でもあり。今まで目にしたことが無い不思議で新鮮な作風でした。1982年生まれ。これからも楽しみです。


安永正臣 やきもの展  ~砂型による作品、そして~
2013年10月5日~13日
12:00~19:00
gallery uchiumi (東京・東麻布) ホームページ

d0087761_232831.jpg


by sora_hikari | 2013-10-07 00:03 | 見て歩き

<< 仙厓と禅の世界 展 @ 出光美術館 高田竹弥 作品展 @ 桃居 >>