プラグマタ @ 八丁堀

d0087761_16223522.jpgd0087761_16225268.jpg
d0087761_1623098.jpgd0087761_16231354.jpg
d0087761_16232517.jpgd0087761_16233340.jpg

8月末に東京・八丁掘にオープンした「プラグマタ」に行ってきました。ここは、主にアート系オブジェを扱うお店です。展示品は、アート寄りながら工芸周りの作家が多いのが特徴です。現在、熊谷幸治さん、五味謙二さん、森田春菜さん、上田勇児さん、二階堂明宏さん、キタムラマサコさん、井上陽子さんなどの作品が置かれています。現代アートのフィールドよりは、もっと生活空間に近いところでモノづくりをしている方々です。プラグマタ=pragmataとは、ギリシャ語で物質やモノを表す言葉。英語ならthings。哲学の本場、ギリシャならではの概念を名前に重ねたのだろうと思います。ご店主は、ペトロス・テトナキスさん。ギリシャ生まれ。20歳(?)でロンドンへ。現地でアパレル系企業に勤め、その後来日。以来、アパレル関係のお仕事に従事されました。そんなペトロスさんは、都内のギャラリーでは、ちょっと知られた存在です。頻繁に展示会やお店に通い、好きなコレクションも増えて行きました。親しみ易く、まめな人。日本語も堪能です。お店の品揃えを見ると、時間をかけて自分自身の足で回り、自分の眼で選び、丁寧に作家と接してきたことが分かります。なので作り手も協力的。事務的でなく、モノと作り手への愛情を感じます。この世界を愛してはじめたギャラリー。その偏愛ぶりが伝わってくるお店。ありそうで意外と無かった生活寄りのオブジェ・ギャラリー。東京駅からも歩ける距離。これから、とても楽しみな場です。

プラグマタ
東京都中央区八丁堀2-3-3-3F
03-3297-6011
12:00-19:00 定休日:月曜日
ホームページ
フェイスブック

by sora_hikari | 2013-09-10 16:35 | 見て歩き

<< 「熊谷幸治・大谷工作室 二人展... パナリ焼展 @ 箱根 >>