郡司庸久・郡司慶子 展 @ 桃居

d0087761_2134770.jpgd0087761_21341858.jpg
d0087761_21343075.jpgd0087761_21344681.jpg
d0087761_21345897.jpgd0087761_21351068.jpg
d0087761_21352395.jpgd0087761_21353184.jpg

西麻布の桃居で開催されている郡司庸久さんと郡司慶子さんの陶展に行ってきました。お二人は、栃木県の足尾で制作されています。ここ桃居では2009年来5回目となる展示会です。毎回新たな器を見ることが出来ます。今回もまったりとして柔らかな白釉の器やレリーフ模様の器を見ることができました。その他、色調の明るい茶や濃い茶の器、灰色の器、掛け分けの器などが並んでいます。お二人のお仕事は幅広い作行がありますが、今回はあまり装飾を施さないベーシックなものが中心です。それだけに、益子の基礎釉のような落ち着いた作風になっており、新たな民芸テーストを感じました。お二人の基本軸をあらためて見つめた展示会です。


郡司庸久 郡司慶子 二人展
2013年4月5日(金)~4月9日(火)
11:00~19:00
桃居 (東京・西麻布) ホームページ

d0087761_21582712.jpg


by sora_hikari | 2013-04-06 22:01 | 見て歩き

<< 余宮隆 展 @ 千鳥 常設展示のお知らせ(4/5~9) >>