常設展示:江頭龍介さん

写真は新規お取引き作家の江頭龍介さんの器です。1976年長崎県生まれ。唐津の中里隆さんに師事した後、地元に戻り築窯しました。その後、2007年に滋賀県信楽町に移り、当地で作陶を続けています。三島手をはじめとする李朝初期の作風を中心とします。写真の器は、高麗後期と李朝初期の狭間にある粉青沙器を意図したもの。渋い灰青色の落ち着いた佇まいの器です。

d0087761_2018117.jpg
江頭龍介:三島手蕎麦猪口 3150円

d0087761_20181032.jpg
江頭龍介:三島手湯呑 2100円

d0087761_20181773.jpg
江頭龍介:三島手飯碗 3675円

by sora_hikari | 2012-09-09 20:41 | おしらせ

<< 加地学 展 ~北の国から~ つ... 山田洋次の仕事 @ SM-g >>