常設展示

d0087761_2122434.jpg

3月23日より常設展示となっております。現在は約20名の作家ものの器をご覧頂けます。写真は、昨年よりお取引をしている茨城県城里町の原田譲(ユズル)さんの器。中国の焼き物はとても長い歴史がありますが、原田さんはその中でも、北宋時代を中心とする定窯の白磁を本歌としています。定窯は、唐代から始まり、衰退期の元代まで700年に渡る長い歴史を持ちますが、特に宋代に最盛期を迎えた白磁の完成度には目を見張るものがあります。それは李朝時代の白磁が出来る400年前、日本の有田での磁器完成よりも600年以上も遡る驚くべき時期です。そういう焼き物に感化された原田さんの器を知ると、その背景にある歴史にも目を向けたくなってきます。古典の器と、今の暮らしを繋げる原田さんの器を一度ご覧ください。


ギャラリーうつわノート
住所:埼玉県川越市小仙波町1-7-6 地図
時間:11:00~18:00
TEL:049-298-8715

営業スケジュール
常設:3月23日(金)~3月27日(火) *3/28(水),29(木)は定休日
常設:3月30日(金)~4月03日(火) *4/04(水),05(木)は定休日
常設:4月06日(金)~4月10日(火) *4/11(水),12(木)は定休日、13(金)は搬入休み
個展:4月14日(土)~4月24日(火) *会期中無休
詳しくは営業カレンダーをご覧下さい。

現在ご覧頂ける作家の器
荒賀文成、大谷工作室、加地学、木村勲(新)、寒川義雄、小嶋亜創、坂場圭十(新)、城進、田鶴濱守人、田村文宏、鶴野啓司(新)、原田譲、服部竜也、藤田佳三、野口悦士、松村英治、増田勉、宮岡麻衣子、山田洋次、吉田次朗、若杉聖子
(50音順・敬称略、※展示品は、入荷・販売状況によって変動します)



by sora_hikari | 2012-03-24 23:19 | おしらせ

<< 展示品: 鶴野啓司 ぐい呑み おおたにくんちの桜を @ みずのそら >>