陶林 春窯 @ 多治見

d0087761_1491859.jpgd0087761_149274.jpg
d0087761_1494087.jpgd0087761_1494790.jpg
d0087761_1495792.jpgd0087761_15041.jpg
d0087761_1501250.jpgd0087761_1501992.jpg

岐阜県多治見市にある陶林春窯(とうりん・しゅんよう)に行ってきました。ここは、美濃の若手作家の器を中心に扱うギャラリーです。和風造の建物は広く、1階は5~6部屋の間取り、2階にも展示室があります。店内にはカフェも併設され、ガラス越しに見える庭の景色も趣きがあります。平成9年にオープンとのことですから、本年で14年目。元々は地元焼き物問屋で卸しや企画開発などのお仕事が中心だったそうですが、今はこのようなエンドユーザー向けに販売もされています。多治見と言えば、古くから焼き物の町で知られていますが、春窯さんは伝統的な美濃焼を中心に置くのではなく、積極的に若い陶芸作家の器を取り上げているそうです。いまは多治見で学んだ陶芸家が多く活躍していますが、この春窯さんをきっかけに全国に活動を広げて行った方もいらっしゃるそうです。日本の焼き物文化の活性期であった桃山時代からの伝統を受け継ぐ地でありながら、その伝統を突き抜けるような活動をされているのは素晴らしいことです。いや、むしろ織部をはじめとする焼き物の革新の地であったからこそ、その精神を受け継ぐことが、伝統的な系譜と言えるのかもしれません。これからも春窯さんを通じて、どんな作家さん達が世の中に紹介されていくのか楽しみです。


陶林 春窯
岐阜県多治見市白山町3-89-1
10:00~18:00
定休日月曜
ホームページ



※次回展示会

多治見市陶磁器意匠研究所 第9期セラミックスラボ 前期制作展
2011年9月9日~18日
10:00~18:00(最終日は15:00迄)
月曜日休
d0087761_2361470.jpg


by sora_hikari | 2011-08-31 02:15 | 見て歩き

<< 9月の常設展示 しょうぶ学園 @ 鹿児島 >>