風呂上がりの一杯をどれだけおいしく飲めるか展 @ Gallery Yamamoto

d0087761_0113950.jpgd0087761_0114897.jpg
d0087761_0122070.jpgd0087761_0122736.jpg
d0087761_0123297.jpgd0087761_0124060.jpg
d0087761_0125317.jpgd0087761_013176.jpg
d0087761_0261364.jpgd0087761_0511998.jpg

栃木県野木町にあるGallery Yamamotoで開催されている「風呂上がりの一杯をどれだけおいしく飲めるか」展に行ってきました。この長いタイトルの展示会は、同ギャラリー主宰の山本千夏さんと、元麻布「さる山」主人の猿山修さんによるコラボレーション企画展です。展示会はテーマごとに三部で構成されており、第一部が「あつくなる編」(5月に終了)、第二部の「お風呂編」(現在開催中)、そして最終の三部が「飲む編」(7月、8月開催)となっています。会場は、栃木のGallery Yamamotoで開催した後に、東京のさる山に巡回という順序になります。従来の展示会が「モノ」を中心とした内容だとすると、本展は、そこにストーリーの乗せた「コト」から展示物を紹介する切り口になっています。春から夏にかけて、体のほてり→お風呂で流し→お酒をおいしく、といった一連の流れに添ってセレクトされた商品を展開するユニークな内容です。猿山修さんの「静」な音楽に、山本千夏さんの「動」な歌詞が加わったようなと言えば良いでしょうか。もしくは猿山さんの精神世界を、山本さんが翻訳しているようでもあります。野木町にある緑に囲まれたファサードの落ち着いたGallery Yamamotoと、研ぎ澄まされた空間の元麻布のさる山。お二人が今後見せてくれる仕掛けを楽しんでみたいと思います。

今回のセレクト品
・東屋-風呂道具等()        
・かぐれ-にがり石けん、タオル(
・babu-ハーブの石けん、シルククレンジングクロス(
・濱中史朗×猿山修-蓋付香炉(
・ギュメレイアウトスタジオ-自在鉤、うちわ掛 () 
・金森正起-ハンガーラック等()    
・家田紙工株式会社-水うちわ()  
・松原伸生-藍形染/長板中形 浴衣()      
・一高斎-つげ櫛(


風呂上がりの一杯をどれだけおいしく飲めるか 展
第二部:お風呂編

Gallery Yamamoto
2011年6月11日(土)~26日(日)
11:00~17:00
栃木県下都賀郡野木町南赤塚786-2 (Google Map
ホームページ

さる山
2011年7月8日(金)~10日
13:00~18:00
東京都港区元麻布3-12-46 和光マンション101
ホームページ



第三部:飲む編

Gallery Yamamoto / 2011年7月16日(土)~31日(日)
さる山 / 2011年8月5日(金)~7日

・内田鋼一-器等
・辻野剛-飲み物のための器
・辻野剛・猿山修-ワイングラス
・マティアスカイザー-酒器、蕎麦猪口、ポット
・東屋-箸、箸置、小皿等
・渡辺遼-箱膳等
・田中茂樹-盛り器、花籠等

d0087761_051630.gif


by sora_hikari | 2011-06-16 01:30 | 見て歩き

<< hibi @ 茨城県古河市 小嶋亜創さんのボトル >>