壜ズキノ集イ @ みずのそら

d0087761_2412496.jpgd0087761_2413641.jpg
d0087761_2415049.jpgd0087761_2415752.jpg
d0087761_242778.jpgd0087761_2421495.jpg
d0087761_2422555.jpgd0087761_2423616.jpg
d0087761_2424510.jpgd0087761_2425513.jpg
d0087761_243597.jpgd0087761_2441835.jpg

西荻窪のギャラリー・みずのそらで開催されている「壜ズキノ集イ」展に行ってきました。これは、壜(びん)をテーマに6人の出展者による企画展になっています。ガラス作家によるガラス壜、陶芸作家による壜を型どりした陶作品、古い時代のガラス壜など、さまざまな表情をしたガラスの壜が展示されています。壜という存在は、透明なガラス素材を使い、役割りの課せられた道具の顔があるように思います。飲み物用、保存用、薬用、理化学用など、ガラス作品である前の姿。そんな役目を降ろして、あらためて部屋を飾る存在として見た時に、何故か作品然とはしていない純粋さを表すような気がします。働きものだった彼らが、用途を変えて、花のために、そしてただそこに置かれるためだけにある姿は、けなげな美しさで再生されているように感じます。


壜ズキノ集イ 
2010年6月19日(土)~27日(日) ※月・火曜休み
12:00~19:00 (最終日は17:00まで)
ギャラリー みずのそら (東京・西荻窪) ホームページ

出展者
・厚川文子(陶)
・尾形かなみ(ガラス)
・キタムラマサコ(ガラス)
・古田真紀(ガラス)
・cohako(古道具)
・宮脇モダン(古道具)

d0087761_2444698.jpg



by sora_hikari | 2010-06-19 22:37 | 見て歩き

<< 長谷川奈津 陶展 @ H.works 吉田次朗さんの小鉢 >>