茶の湯の美 @ 畠山記念館

d0087761_1262415.jpgd0087761_1263016.jpg

白金台の畠山記念館で開催されている「茶の湯の美」展に行ってきました。同敷地内で開催された坂村岳志さんの花の会の入場と併せて、同展示会を見ることができます。畠山記念館は、荏原製作所を創設した畠山一清氏により設立された私立美術館であり、茶道具を中心に、書画、陶磁、漆芸、能装束など、日本、中国、朝鮮の古美術品を展示公開しています。今回は、その中から「茶の湯の美」と題して約50点の茶道具が展示されています。そのなかで陶器は、粉引茶碗、ととや茶碗、黒楽茶碗、朝鮮徳利、織部向付など銘をもつ優品を見ることができました。都心にありながら、緑豊かな木々に囲まれたこの美術館は、周辺の喧騒から離れ、とても静かな気持ちで展示品に接することができる貴重な場所です。


茶の湯の美 ~数寄のかたちと意匠~
2010年4月10日(土)~6月20日(日)
10:00~17:00
月曜休館
畠山記念館(東京・白金台) ホームページ

d0087761_1285572.jpg


by sora_hikari | 2010-06-05 23:25 | 見て歩き

<< 藤塚光男 作陶展 @ 桃居 坂村岳志 花の会 @ 畠山記念館 >>