中川自然坊 展 @ しぶや黒田陶苑

d0087761_0461742.jpgd0087761_0463010.jpg
d0087761_0464079.jpgd0087761_0464888.jpg
d0087761_050275.jpgd0087761_0501480.jpg
d0087761_0465740.jpgd0087761_047257.jpg
d0087761_0475031.jpgd0087761_0475812.jpg
d0087761_048546.jpgd0087761_0481380.jpg
d0087761_0482071.jpgd0087761_0483286.jpg
d0087761_0485110.jpgd0087761_0494671.jpg

渋谷の黒田陶苑で開催されている中川自然坊(じねんぼう)さんの個展に行ってきました。自然坊さんは、1953年生まれ。佐賀県唐津で器づくりをされています。料理好きの方をはじめ、骨董や美術工芸まで幅広い方々から支持される実力のある方です。再現レベルの高い井戸茶碗や、独特の刷毛目、濃く深みのある朝鮮唐津など、古来からの器をベースにしながら独自の力強い器を作られています。土にこだわり、焼きにこだわる。焼き物の基本を深める方向の器づくりです。従来、しぶや黒田陶苑で器の発表を続けておられましたが、近年大病をされて以来、療養をされていたそうです。今回はそんな中、3年のブランクを経て待望の復活の展示会です。療養中に作り貯めてきた器を、今回一挙に展示する内容になっています。展示会のパンフレットの扉に書かれたご自身の言葉によると、ご病気を経て願うのは後世に残せる器を作ろうとの思いだそうです。そんな純粋な心のこもった器に触れ合える貴重な展示会です。


中川自然坊 展
2010年5月28日(金)~6月1日(火)
11:00~19:00
しぶや黒田陶苑 (東京・渋谷) ホームページ | ブログ

d0087761_0502579.jpg



by sora_hikari | 2010-05-31 21:53 | 見て歩き

<< 村木雄児 作陶展 @ 桃居 クラフトフェアまつもと2010 >>