MIHO GRANDAMA @ ミホ・ミュージアム(滋賀県)

d0087761_1291990.jpgd0087761_1293818.jpg
d0087761_129478.jpgd0087761_1295650.jpg
d0087761_130795.jpgd0087761_1301570.jpg
d0087761_1325234.jpgd0087761_133558.jpg

滋賀県甲賀市にあるMIHO MUSEUMで開催されている「MIHO GRANDAMA(ミホ・グランダーマ)」展に行ってきました。MIHO MUSUEUMは、神慈秀明会という宗教法人によって運営される美術館です。甲賀市信楽町の山中の広大な敷地に、I.M.ペイ氏によって設計された建物です。敷地下にある受付でチケットを購入した後、電気自動車か徒歩により坂を上り、トンネルを抜けて橋を渡った先に本館が建っています。それは自然の中に表れる桃源郷の世界。周辺の敷地には、同宗教法人のミノル・ヤマサキ氏の設計した富士山型の礼拝堂や、I.M.ペイ氏の設計した三味線のバチの形の塔も建っています。今回の展示会は、美術館の創立者である小山美秀子氏(1910- 2003年)の生誕100年を記念して、館蔵の日本美術、東西の古美術など約90点の展示品を見ることができます。その中には優品の器も置かれており、天目茶碗・井戸茶碗・粉引茶碗・楽茶碗・茶入などの茶道具、備前・織部・志野・黄瀬戸・信楽などの食器や花入れなどを見ることが出来ました。新緑萌える山々の中で、現実からトリップしたような空間で数々の美術品に浸ることができる展示会でした。


MIHO GRANDAMA  ~MIHO MUSEUM創立者生誕100年記念特別展~
2010年3月13日~6月6日
10:00~17:00
月曜休館
MIHO MUSEUM (滋賀県甲賀市) ホームページ

d0087761_1304883.jpgd0087761_130569.jpg


by sora_hikari | 2010-05-13 17:22 | 見て歩き

<< 望月通陽 展 @ ギャラリー・... 季の雲 (滋賀県長浜) >>