ルーシー・リー展 @ 国立新美術館

d0087761_0544895.jpgd0087761_0545680.jpg

六本木の国立新美術館で開催されているルーシー・リー展に行ってきました。国内外の作品を約250点を集めた展示会です。会場は、(1)初期のウィーン時代、(2)形成期のロンドン時代、(3)円熟期と大きく3つのゾーンで構成され、時代ごとの特徴ある器をまとまり良く見ることができます。作品展示の合間には、手書きの釉薬ノート、注文書、手紙、住まいや工房の写真などの資料の展示、そしてBBCのインタビュー映像も上映されています。また展示全体の魅力を支えてるのが、時系列的な作品展示、造形の変遷(掻き落とし、器形、釉薬の変貌)、タイプ別にまとめらた展示、視線の高さに合わせた360度展示など、時間軸・造形軸・視覚軸ともに、情感に寄り過ぎずに整理された分かり易さにあると思います。大変人気のある作家・作品ですから、それぞれの方に既に形成されたイメージがあると思いますが、あらためてその作品と人物の全容を俯瞰するには、とても見応えのある展示会だと思います。

※会場の様子を掲載されている方のブログです。
・とんとん・にっき [ ]
・フクヘン [ ]

※本展の特設サイト
  ルーシー・リー物語はとても分かり易いです

Lucie Rie Archive [ vads: the online resouce for visual arts ]


ルーシー・リー展 ~ウィーン、ロンドン、都市に生きた陶芸家~
2010年4月28日(水)~6月21日(月)
10:00~18:00 (金曜日は20:00迄)
火曜日休館(但し5月4日は開館し、5月6日は休館)
観覧料:一般1500円
国立新美術館 (東京・六本木) ホームページ

d0087761_055411.jpg


※これからの巡回展
[ 栃木 ] 2010年8月7日~9月26日 益子陶芸美術館 [ link ]
[ 静岡 ] 2010年10月9日~12月1日 MOA美術館 [ link ]
[ 大阪 ] 2010年12月11日~2011年2月13日 大阪市立東洋陶磁美術館 [ link ]
[ 三重 ] 2011年2月26日~4月17日 パラミタミュージアム [ link ]
[ 山口 ] 2011年4月29日~6月26日 山口県立萩美術館・浦上記念館 [ link ]
 


※ハンス・コパー巡回展も開催されています。

ハンス・コパー展 ~20世紀陶芸の革新~
2010年3月13日~6月17日  滋賀県立陶芸の森 [ link ]
2010年6月26日~9月5日   パナソニック電工 汐留ミュージアム(東京) [ link ]
2010年9月18日~11月23日 岐阜県現代陶芸美術館 [ link ]

d0087761_055101.jpg
※画像は東京展(汐留ミュージアム)


by sora_hikari | 2010-04-30 23:50 | 見て歩き

<< マティアス・カイザーさんの白磁ポット 植松永次さんの土飾り >>