「 森岡希世子展 光の呼吸 」 轆轤

d0087761_17445969.jpg
 花入 光の呼吸 h:13.5cm φ:8cm 4200yen+tax

森岡希世子展 光の呼吸 」(~6/6(月)迄)を開催中です。

森岡希世子さんの器の要になるのは、轆轤(ろくろ)仕事への拘りです。

元々、陶芸の道に入ったのは、板谷波山の轆轤師だった現田市松さんのろくろ仕事を美術館で見たことがきっかけになりました。現田さんは50年間、常に波山とともにあり、轆轤師として波山の作品を支え続けてきた人です。

森岡さん曰く、市松さんの轆轤を評して、「欲張らない心、ただ無心に何十年も轆轤を挽き続けてきた手が生み出す気品がある。」、「最小限しか触れていないにも関わらず、土の持つ新鮮な表情を内からの回転体の張りで素早く留めている。」と言います。仕事の完成度も、その献身的な生き方にも感動し、こんなものを作りたいと轆轤職人の道を選びました。

自分が轆轤を挽くときに心掛けるのは、張りと土の力を活かすこと。土が本来持つ可塑性、つまりは土の生命力を器の形に引き出すことにあるようです。写真のように、ぽーんと内側から張り出した一輪差し。無理がなく、気持ちの良い力学は、なるほど、内側から形を作り出す轆轤ならではの美しいフォルムです。

「現田市松さんの挽くろくろは、何でも美しい。」それは何故なのか、今でもずっと探っているそうです。この謙虚さが、森岡希世子さんの仕事を支えているのです。


森岡希世子展 ~光の呼吸~
2016年5月28日(土)~6月6日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17381678.jpgd0087761_17383299.jpg
 画像クリックで拡大

森岡希世子プロフィール
1974年 石川県金沢市生まれ
1994年 デンマーク王国 Holbek美術国民学校 留学
1999年 石川県立九谷技術研修所 修了
1999~2004年 石川県の窯元にてろくろ師として働く
2006~2009年 茨城県笠間市 伊藤アトリエ助手
2009~2013年 九谷技術者自立支援工房にて職員
2012年 伝統工芸士認定(九谷焼成形部門)
2016年 金沢美術工芸大学 美術工芸研究科 博士課程 修了


# by sora_hikari | 2016-05-29 20:05 | 森岡希世子 展

「 森岡希世子展 光の呼吸 」 清白の美

d0087761_17335065.jpg
 光の呼吸 花入 花:平間磨理夫

森岡希世子展 光の呼吸 」(~6/6(月)迄)は、本日オープン致しました。ご来店の皆様に御礼申し上げます。心が洗われるような清らかな白に、店内が包まれています。明日もお待ちしております。


森岡希世子展 ~光の呼吸~
2016年5月28日(土)~6月6日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 5月28日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17381678.jpgd0087761_17383299.jpg
 画像クリックで拡大

森岡希世子プロフィール
1974年 石川県金沢市生まれ
1994年 デンマーク王国 Holbek美術国民学校 留学
1999年 石川県立九谷技術研修所 修了
1999~2004年 石川県の窯元にてろくろ師として働く
2006~2009年 茨城県笠間市 伊藤アトリエ助手
2009~2013年 九谷技術者自立支援工房にて職員
2012年 伝統工芸士認定(九谷焼成形部門)
2016年 金沢美術工芸大学 美術工芸研究科 博士課程 修了


# by sora_hikari | 2016-05-28 18:21 | 森岡希世子 展

「 森岡希世子展 光の呼吸 」 明日5/28(土)スタート

d0087761_19195429.jpg

明日5/28(土)11時からスタートする「 森岡希世子展 光の呼吸 」の準備が整いました。総数350点に及ぶ見応えのある内容です。今迄にない大型作品も届いています。初日は、森岡希世子さんが在廊致します。この機会にどうぞご来店ください。


森岡希世子展 ~光の呼吸~
2016年5月28日(土)~6月6日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 5月28日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17381678.jpgd0087761_17383299.jpg
 画像クリックで拡大

森岡希世子プロフィール
1974年 石川県金沢市生まれ
1994年 デンマーク王国 Holbek美術国民学校 留学
1999年 石川県立九谷技術研修所 修了
1999~2004年 石川県の窯元にてろくろ師として働く
2006~2009年 茨城県笠間市 伊藤アトリエ助手
2009~2013年 九谷技術者自立支援工房にて職員
2012年 伝統工芸士認定(九谷焼成形部門)
2016年 金沢美術工芸大学 美術工芸研究科 博士課程 修了


# by sora_hikari | 2016-05-27 19:20 | 森岡希世子 展

「 森岡希世子展 光の呼吸 」 開催のお知らせ

d0087761_17381678.jpg
 画像クリックで拡大

5/28(土)~6/6(月)に開催する「 森岡希世子展 光の呼吸 」のお知らせです。

森岡希世子さんは今春、金沢美術工芸大学の博士課程を修了しました。卒業したばかりの新人作家?いやいや、ろくろ師、伝統工芸士、賞歴も数々お持ちの経験豊富なベテランなのです。しかし学歴だけ見れば、中学卒業からいきなり博士課程修了という一気のジャンプ。ユニークな経歴の持ち主ではあります。

小学生から始めた女子サッカー。今でも社会人サッカーを続けており、大切なライフワークになっています。一方、陶芸との出会いは20歳の時にデンマークの美術国民学校に留学した際の経験がきっかけになっています。帰国後、九谷技術研修所を経て、窯元でろくろ師、陶造型作家助手、九谷焼技術者自立支援工房職員を歴任、そして2013年から大学院の博士課程へ進みました。

本展のタイトルである「光の呼吸」とは、ご自身で名付けた透光性磁土を使った白磁シリーズです。ろくろ成形の限界まで薄挽きされた器体。さらに表面を研磨することで光沢を出し、1300度もの高温で焼成した白磁。文字通り光をも透かしてしまう程の器ですが、技術検査で証明された堅牢さを持ち、実用性も十分です。花器、碗、鉢、酒器、茶器など、森岡さんが作るのは、あくまで日常で使うための器です。普段の暮らしの中に置かれながら、神々しいまでの気高さ。少し背筋を正すような凛とした空気をもたらしてくれる事でしょう。

今回、大学院で研鑽を重ねた白の「光の呼吸」シリーズをはじめ、炭化焼成による「透雲」のグレーのグラデーションの美しいシリーズもご覧頂けます。その経歴から生き方も技術も究める人であることに間違いありませんが、今回はその人生の行間に見える人間性もあぶり出せればと思っています。 店主

森岡希世子プロフィール
1974年 石川県金沢市生まれ
1994年 デンマーク王国 Holbek美術国民学校 留学
1999年 石川県立九谷技術研修所 修了
1999~2004年 石川県の窯元にてろくろ師として働く
2006~2009年 茨城県笠間市 伊藤アトリエ助手
2009~2013年 九谷技術者自立支援工房にて職員
2012年 伝統工芸士認定(九谷焼成形部門)
2016年 金沢美術工芸大学 美術工芸研究科 博士課程 修了


森岡希世子展 ~光の呼吸~
2016年5月28日(土)~6月6日(月) 会期中無休
営業時間 11時~18時 
作家在廊日 5月28日(土)
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17383299.jpg
 画像クリックで拡大


# by sora_hikari | 2016-05-24 17:40 | 森岡希世子 展

「 山本亮平・ゆき展 淡き青 」 Meditation

d0087761_21233046.jpg

山本亮平・ゆき展 淡き青 」は本日終了しました。会期中はたくさんの方に足をお運び頂き厚く御礼申し上げます。

キース・ジャレットが病気療養中に自宅録音したアルバム(The Melody at Night, with You)の中に収録された「Blame It On My Youth - Meditation」。会期中店内で山本さんの器ととても良く溶け合いました。静かなメロディラインに重なるように繰り返される伴奏。心の奥にゆっくりと降りていく時間の流れ。古典という主旋律を奏でながら、決して派手ではなく静かに佇む山本さんの器の姿が重なるのです。

多くを語るより、ささやくような言葉の方が沁みることはありますよね。これからも丁寧にお二人の仕事を見続けていければと思っています。

# by sora_hikari | 2016-05-23 21:23 | 山本亮平・ゆき