「大原光一展 纏う茶器」 飯碗・湯呑

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の5日目-2。

大原光一さんの飯碗と湯呑。日々使う食器の基本アイテム。灰釉を基本にして、様々な材料を加算することで表情を作り出す訳ですが、金属を含む場合、窯の温度の加減によって全く違った表情になってしまいます。最終段階のわずか数分の勝負。フィナーレの産物。経験値が大切なのです。

d0087761_14385669.jpg


d0087761_143931.jpg


d0087761_1439923.jpg


d0087761_14391565.jpg


d0087761_14392232.jpg


d0087761_14392919.jpg


d0087761_14393648.jpg


d0087761_14394440.jpg


d0087761_14395488.jpg


d0087761_1440099.jpg


d0087761_1440727.jpg


d0087761_1440145.jpg


d0087761_14402257.jpg


d0087761_1440292.jpg


d0087761_14403676.jpg


d0087761_14404242.jpg


d0087761_14404938.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


# by sora_hikari | 2017-11-22 20:30 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 皿・鉢

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の5日目。

大原光一さんの皿と鉢。ベーシックな形に釉薬を掛け分けることで多様な表情を得ています。独立以来、薪窯の焼締めに取り組んで来ましたが、5年前から釉薬の仕事を始めました。表層を纏わない素の焼締めに対して、分厚く釉薬を纏う加算の器。真逆の転換に思えますが、どちらも底流にあるのは焼くことで生れる質感です。岩石の荒々しさ、木肌の刻む皺、波のぶつかり合い、夕焼けのグラデーション、、。自然界が生み出す神のマチエール。そこが大原さんの原点なのです。

d0087761_1434739.jpg


d0087761_1434171.jpg


d0087761_14342326.jpg


d0087761_14343053.jpg


d0087761_14343742.jpg


d0087761_14344446.jpg


d0087761_1434515.jpg


d0087761_14345839.jpg


d0087761_1435451.jpg


d0087761_14351172.jpg


d0087761_14351736.jpg


d0087761_14352474.jpg


d0087761_14353176.jpg


d0087761_14353870.jpg


d0087761_14354661.jpg


d0087761_14355398.jpg


d0087761_14355922.jpg


d0087761_1436613.jpg


d0087761_1436152.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


# by sora_hikari | 2017-11-22 16:21 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 急須・茶杯

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の4日目。

大原光一さんの急須と茶杯。昨日ご紹介したものより優しい表情をしていますが、多彩な釉薬が特徴的です。急須で有名な常滑焼の町で製作する大原さんは、その基礎を大切にしながら、10種類の釉薬を使い分け、さらに焼成の工夫を加える事で、独自のテクスチャーを生み出しています。実用性と観観賞性を兼ね備えた茶器なのです。

d0087761_16413058.jpg


d0087761_1641382.jpg


d0087761_16414671.jpg


d0087761_16415288.jpg


d0087761_16415881.jpg


d0087761_1642773.jpg


d0087761_16421330.jpg


d0087761_16421955.jpg


d0087761_16422538.jpg


d0087761_1642313.jpg


d0087761_16423747.jpg


d0087761_16424365.jpg


d0087761_16425174.jpg


d0087761_16425725.jpg


d0087761_1643451.jpg


d0087761_16431279.jpg


d0087761_16431937.jpg


d0087761_16432627.jpg


d0087761_16434160.jpg


d0087761_16435055.jpg


d0087761_16435775.jpg


d0087761_1644518.jpg


d0087761_16441352.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


# by sora_hikari | 2017-11-21 17:01 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 纏う釉

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の3日目。

大原光一さんの茶器。厚みのある釉薬を窯圧で焼き抜いた個性的な急須。纏った釉薬の表情が見所です。

d0087761_17524863.jpg


d0087761_17464427.jpg


d0087761_17465110.jpg


d0087761_17465819.jpg


d0087761_1747590.jpg


d0087761_17471273.jpg


d0087761_17472398.jpg


d0087761_17474081.jpg









大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


# by sora_hikari | 2017-11-20 18:02 | 大原光一展

「大原光一展 纏う茶器」 中国茶会

大原光一展 ~纏う茶器~」(11/26迄)の2日目。

本日は富士華名さんに大原さんの茶器を使った中国茶会を開いて頂きました。桂花龍井茶、古樹白茶の2種のお茶とお菓子と共に、大原さんも同席し急須作りの話も交えて楽しいお茶会になりました。ご参加下さいました皆様に御礼申し上げます。

d0087761_2003435.jpg


d0087761_2005280.jpg


d0087761_201347.jpg


d0087761_2014930.jpg


d0087761_20204.jpg


d0087761_202818.jpg



大原光一展 ~纏う茶器~  
2017年11月18日(土)~26日(日) 会期中無休
営業時間 11時~18時
作家在廊日 11月18日、19日
ギャラリーうつわノート(埼玉県川越市) 地図

d0087761_17201966.jpgd0087761_17203483.jpg
 画像クリックで拡大

大原光一プロフィール
1974年  東京で生まれる。
1994年  大学で物理を学ぶも途中退学し、焼き物を始める。
1995年  日本の陶芸産地を訪ね歩く。
1996年  南山陶苑にて勤務。常滑に移住する。
1999年  同社を退社。独立。韓国の産地を訪ね歩く。
1999年~ 国内で個展、グループ展。韓国、米国などでも制作。
2017年  現在、愛知県常滑市で制作。


# by sora_hikari | 2017-11-19 20:08 | 大原光一展